[heading style=”default” size=”20″ align=”center” margin=”20″][animate type=”flipInX” duration=”8″ delay=”4″ inline=”no”]Xeory Base で試作したモデルサイト[/animate][/heading] [dummy_image width=”1280″ height=”800″] [animate type=”flipInY” duration=”8″ delay=”4″ inline=”no”][dummy_text what=”words” amount=”55″ cache=”yes”][/animate]

今日は2018/10/16、ベートーヴェンの生誕247年です。

[box title=”ランディングページのモデル” style=”glass” box_color=”#e8dbb0″ title_color=”#000000″]何より優先してローカル環境や、仮サイトで練習してから導入して下さい。サンプルサイトの仕組みとしては、2年近く前から導入している「コール・トゥ・アクション」プラグインだけを使用しました。基本的なデザインは揃っているので文章や画像、カラー、フォントファミリーを差し替えるだけで準備出来ます。サンプルページのサイドバーの「コール・トゥ・アクション」ウィジェットからプラグインサイトにリンクしています。新しい「コール・トゥ・アクション」系プラグインも数多いので、いろいろ試してご検討下さい。サイトやサーバー次第で動作するしない、負荷になるなどあるので。
「コール・トゥ・アクション」と「ランディングページ」をセットにしたテーマも今は多いです。Xeoryテーマは投稿画面で個別の「コール・トゥ・アクション」もセットできます。一例としてモデルを作りました。こちら「 https://wp.me/p9oJ0l-1 」の個別投稿の下部が、「コール・トゥ・アクション」です。ランディングページは「 http://wordpress.woodstock.work/xeory/lp/xeory-base/ 」です。Templateレイアウトは無地のカンバスになっているので、ページの左上にヘッダー画像を配置することや、ウィジェットを独自に配置することで単一ページの独立した見本に出来ます。Xeoryテーマを試して、どう利用できるかイメージをつかめ、意味を実感できると思います。メンテナンス情報を用意しておいて、メンテナンス中はランディングページだけをアクセスさせるようなことでも活用できます。[/box]